TOPICS

平成30年度~31年度 入試情報

平成30年秋学期入学(転入・編入を含む)、平成31年4月入学の募集要項を掲載しました。

詳しくは、入試情報をご確認ください。

 

<現在高校3年生の方で、高校に登校できず悩んでいる皆さんへ>

10月までの入学で来年3月に卒業できる可能性があります。今の高校を辞めたり休学する前に一度ご相談ください。 「転入」で あれば、スムーズに3年間での卒業が目指せます。相談時に詳しく説明いたします。(火曜~土曜 9:00~17:00まで(要予約) ☎0178-22-3470)

9月1日(土) ふれ愛・あおば食堂を開催します

ふれ愛・あおば食堂は一人でご飯を食べることが多い方を対象に、みんなで楽しくごはんを作って食べ、遊んだり勉強したりしながら仲間作りをする場所です。

    • と き

①平成30年9月1日(土)
②平成30年10月6日(土)
③平成30年11月10日(土)
④平成30年12月1日(土)
⑤平成31年2月2日(土)

 

11時~14時
(11:00~調理 13:00~自由時間(勉強・ゲーム他))
食事の準備や後始末も自分たちで行います

    • と こ ろ

八戸あおば高等学院 (八戸市柏崎2-7-14)

    • 費 用

高校生まで   無  料
大   人  300円

    • メニュー

お楽しみ!(9月1日はギョウザを作ります)
限定10食です

準備の都合上、各開催日の3日前(水曜日)までに
お申し込みください(電話・FAX・メール)

<お申し込み先>

NPO法人あおばの会
電  話 0178-22-3470

FAX     0178-22-3475

MAIL  info@hachinohe-aoba.com

申し込み用PDFファイルはこちらをクリック

食材募集

いただきものや買いすぎてしまったもの、何らかの理由で流通にのらないものなど保管されたままの食料品を活かします。皆さまのご提供お待ちしております。(詳しくはお問い合わせください)

●インスタント食品、レトルト食品、乾物

●保存食品(缶詰、瓶詰など)、お菓子類

●調味料(みそ、醤油、マヨネーズなど)

●麺類、小麦粉など

●のり、お茶漬け、ふりかけ

●贈答品(お歳暮、お中元、引き出物など)

●お茶、珈琲、紅茶、その他飲料

※ 賞味期限が1ヶ月以上で未開封のものに限ります。
※ アルコール類、自家製品(漬け物等)は受付けていません。
※ 冷凍・冷蔵品、日持ちがする根菜類についてはお尋ねください。

ご持参いただくか、郵送でお送りください。運送費や送料などは送り主のご負担で、お願いします。

平成30年9月15日(土) 学習講演会を開催します

平成30年9月15日、専門家を講師として招聘し、不登校や引きこもりについての理解を深めるとともに、多様な生き方や学びについて学ぶ講演会を開催します。
お気軽にご参加ください。(講座はあおもり県民カレッジの単位認定講座となっております)

日 時:平成30年9月15日(土)14時~
場 所:八戸商工会館 (八戸市堀端町2-3)

入場無料 (事前にお申し込みください)

テーマ:「いじめ・虐待からの心の回復(リジリエンス)」
講 師:仁 平 義 明 先生

仁 平 義 明 先生 プロフィール
星槎大学大学院教育学研究科教授、東北大学名誉教授・白鷗大学名誉教授、日本音楽知覚認知学会名誉会員。現在、日本学術会議臨床医学委員会「出生・発達分科会」、同心理学・教育学委員会「脳と意識分科会」委員。

1992年、ハシボソガラスがクルミを車に轢かせて食べる「自動車利用行動」を世界で初めて発見し論文に。エッセイに「自動車学校で学習したカラス」(日本エッセイスト・クラブ編『父と母の昔話:’96年版ベスト・エッセイ集』文藝春秋刊)。

「心の回復」についての著作に、「心の回復力を育てる」(『ほんとうのお父さんになるための15章』ブレーン出版)、「人間力育成のパラダイム・シフト―ハーディネスからリジリエンシーへ」(『現代のエスプリ』)、「レジリエンス研究の現在」(『児童心理』)、「レジリエンス研究の展開」(『児童心理』)、「自閉症スペクトラム者の家族のリジリエンス」(『自閉症スペクトラム研究』)ほか。

講演会終了後、不登校や進路に関する個別相談に応じます。
お気軽にご参加ください。(事前にFAX・メールまたはお電話にてお申し込みください)

主 催:八戸あおば高等学院、青森県総合社会教育センター、NPO法人あおばの会
(※この講座は指定管理者:豊かな学びを育む青い森グループが運営します)
後 援:八戸市教育委員会、東奥日報社、デーリー東北新聞社、八戸テレビ放送、コミュニティラジオ局BeFM(依頼中)

お問い合わせ 八戸あおば高等学院事務局
(TEL 0178-22-3470 FAX 22-3475 info@hachinohe-aoba.com

 

お申込み用紙はこちらをクリック

6月9日(土) ふれ愛・あおば食堂を開催します

ふれ愛・あおば食堂は一人でご飯を食べることが多い方を対象に、みんなで楽しくごはんを作って食べ、遊んだり勉強したりしながら仲間作りをする場所です。

 

○ と き

①平成30年6月9日(土)
②平成30年8月4日(土)
③平成30年9月1日(土)

(10月以降の日程については9月以降にお知らせいたします。)

11時~14時
(11:00~調理 13:00~自由時間(勉強・ゲーム他))
食事の準備や後始末も自分たちで行います

 

    • と こ ろ

八戸あおば高等学院 (八戸市柏崎2-7-14)

    • 費 用

高校生まで   無  料
大   人  300円

    • メニュー

お楽しみ!(6月9日は 肉じゃがを作ります♪)
限定10食です

準備の都合上、各開催日の3日前(水曜日)までに
お申し込みください(電話・FAX・メール)

<お申し込み先>

NPO法人あおばの会
電  話 0178-22-3470

FAX     0178-22-3475

MAIL  info@hachinohe-aoba.com

申し込み用PDFファイルはこちらをクリック

5月29日(火) 家族会「あおばの会」を開催します

5月29日に、学院の相談員をお願いしております小野寺高徳先生(若者と親のための心の相談室「空」主宰)と坂本玲子先生(元八戸短期大学教授)を囲み「あおばの会」(家族会)を開催します。あおばの会は、子どもへの対応の仕方を学び、苦悩を語り合い、励まし合う家族の集いです(親同士の情報交換や専門家からの専門的助言があります)。

・日 時 : 平成30年5月29日(火曜日)18:00~20:00
・場 所 : 八戸あおば高等学院
・内 容 : ・小野寺先生・坂本先生による話題提供と専門的助言
・出席者同士の情報交換
・保護者と学院スタッフの個別面談 等(入学相談も行います)

※ 時間内(18:00~20:00)であれば出入り自由です
※ 入学希望者の保護者や、教育・福祉関係者の参加も歓迎します
(5月26日(土)までにお知らせください)

お申し込みはこちらからどうぞ

5月12日(土) ふれ愛・あおば食堂を開催します

ふれ愛・あおば食堂は一人でご飯を食べることが多い方を対象に、みんなで楽しくごはんを作って食べ、遊んだり勉強したりしながら仲間作りをする場所です。

 

○ と き

①平成30年5月12日(土)
②平成30年6月9日(土)
③平成30年8月4日(土)
④平成30年9月1日(土)

(10月以降の日程については9月以降にお知らせいたします。)

11時~14時
(11:00~調理 13:00~自由時間(勉強・ゲーム他))
食事の準備や後始末も自分たちで行います

 

    • と こ ろ

八戸あおば高等学院 (八戸市柏崎2-7-14)

    • 費 用

高校生まで   無  料
大   人  300円

    • メニュー

お楽しみ!(5月12日は カレーライスを作ります♪)
限定10食です

準備の都合上、各開催日の3日前(水曜日)までに
お申し込みください(電話・FAX・メール)

<お申し込み先>

NPO法人あおばの会
電  話 0178-22-3470

FAX     0178-22-3475

MAIL  info@hachinohe-aoba.com

申し込み用PDFファイルはこちらをクリック

本学院が星槎大学実施の教員免許更新講習の講習会場となります

昨年度に続き、平成30年度も本学院にて星槎大学の教員免許状更新講習を実施します。お申し込み方法などは星槎大学のホームページでご確認ください。

講習スタイルは、受講生のライフスタイルにあわせ、「対面講習」と「通信講習」から選ぶことが出来ます。
夫々の違いはこちらで確認してください。「選べる講習スタイル」

<対面講習>

・必修講習 6時間(10月27日)
講習名称 「教育の最新事情」
受講対象 教諭、養護教諭、栄養教諭
・選択必修講習 6時間(10月28日)
講習名称「学校における組織的対応の必要性と危機管理上の課題」
受講対象 教諭、養護教諭、栄養教諭
※「選択講習・選択必修講習」はセットで受けて頂くこととなります。

・選択講習 18時間(10月6日~8日)
講習名称「教師力のパワーアップ」
受講対象 教諭、養護教諭、栄養教諭
となります。

 

<通信講習>

・必修講習 (試験日 10月6日)
講習名称 「教育の最新事情」
受講対象 教諭、養護教諭、栄養教諭
・選択必修講習 (試験日 10月6日)
講習名称「現代教育の動向と課題」
受講対象 教諭、養護教諭、栄養教諭

 

なお、今回開講の講習の受講対象者の生年月日は以下の通りとなります。更新にあたっては、有効期限満了日の2年2ヶ月前から2ヶ月前までの2年間に30時間の更新講習を受講し、有効期限満了日の2ヶ月前までに免許管理者に対して申請を行う必要があります。

①講習期間:平成29年2月1日~平成31年1月31日
昭和38年4月2日~昭和39年4月1日
昭和48年4月2日~昭和49年4月1日
昭和58年4月2日~昭和59年4月1日
②講習期間:平成30年2月1日~平成32年1月31日
昭和39年4月2日~昭和40年4月1日
昭和49年4月2日~昭和50年4月1日
昭和59年4月2日~

教員免許更新制についての詳細は各都道府県の教育委員会にお問い合わせください。
教員免許更新制について(青森県教育委員会)

本学院で実施する講習のお申し込みや詳細は星槎大学教員免許更新講習センターまでお願いします。
E-Mail:koushin@seisa.ac.jp
TEL:045-972-3296  (電話受付時間 月~金 10:00~17:00)
http://kyoumen.seisa.ac.jp/

平成30年度 春学期 入学式を行いました

平成30年4月7日、入学式を挙行しました。
校長や学院長、提携先の星槎国際高等学校仙台学習センターの千葉センター長から、全国の仲間と共に「人を認める・人を排除しない・仲間をつくる」という星槎の3つの約束を守り、高校生活を楽しみましょうとの挨拶がありました。

式典終了後は、入学祝賀会を開催。保護者、教職員が同じテーブルを囲んで入学生を祝いながら食事を共にしました。
緊張していた入学生も新たな仲間と同じ時間を過ごし、これから始まる高校生活に期待を膨らませていました。

 

平成29年度 秋学期 卒業式を行いました

平成30年3月3日、卒業証書授与式を行いました。御父母や在校生、来賓の方々が見守る中、9名の生徒が本学院から新たな世界に旅立ちました。

式では本学院の卒業証書と提携校の星槎国際高校の卒業証書を授与されました。
また、在学中に学校生活全般を通じて他の模範となる生徒に贈られる星槎国際高等学校校長賞を濱君が受賞し、高校生活3年間の欠席日数が10日以内であった吉田君が精勤賞を受賞ました。

式典終了後は1、2年生が主催となり卒業祝賀パーティが行われ、記念品の贈呈やゲームなどで楽しいひと時を過ごしました。

卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。

平成30年2月10日(土) NPO法人あおばの会設立1周年記念フォーラムを開催します

本学院の設置母体であります「あおばの会」は、平成30年2月3日をもって青森県知事よりNPO法人としての認証を受け1年を迎えます。
この間、本学院の運営(移管)の他、フリースペースや家族会の実施、「ふれ愛・あおば食堂」・「フードドライブ事業」など多様な子どもたちの伴走者となるべく活動を展開して参りました。
この度、1周年を記念し、以下の通りフォーラムを開催することといたしました。
つきましては、多くの皆さまにご来場いただきたくご案内申しあげます。

・日時 平成30年2月10日(土) 14時~17時
・場所 八戸地域地場産業振興センター(ユートリー) 八戸駅東口隣接
八戸市一番町1-9-22 地図はページ下にございます
・内容
・基調講演
『WAと共生社会 -共に生きる世界・共に学ぶ社会を目指して-』
講師 星槎大学副学長 山 脇 直 司 先生

・パネルディスカッション
『子どもが安心して学び・育つとは-人との交わり・社会との関わりから-』
パネラー
前青森県総合社会教育センター所長 坂 本 徹 さん
「つがる・つながる」代表  金 澤 拓 紀 さん
星槎国際高等学校郡山学習センター 斉 藤 誉 幸 センター長(NPO法人あおばの会理事)
コーディネーター 青森公立大学教授 内 海  隆 先生
助言者 星槎大学副学長  山 脇 直 司 先生

※ 入場無料
※ 定員70名(定員になり次第、締め切りとなります)
※ フォーラムはあおもり県民カレッジ単位認定講座です(3単位)

-山脇 直司 先生 Profile-
昭和24年八戸市出身。
イメルダ幼稚園、白菊小学校、第三中学校、八戸高校卒業、一橋大学経済学部、上智大学大学院哲学研究科を経て、ミュンヘン大学(ドイツ)哲学博士。東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻教授をなどを歴任し東京大学名誉教授。現在は星槎大学副学長・教授。
専門は公共哲学、社会思想史。著書に『公共哲学とは何か』『社会思想史を学ぶ』(ともに、ちくま新書)、『社会とどうかかわるか』(岩波ジュニア新書)、『ヨーロッパ社会思想史』『グローカル公共哲学』(ともに、東京大学出版会)、『新社会哲学宣言』(創文社)、『私の知的遍歴-哲学・時代・創見-』(デーリー東北新聞社)など。

主 催:NPO法人あおばの会、八戸あおば高等学院、青森県総合社会教育センター
後 援(依頼中):東奥日報社、デーリー東北新聞社、八戸テレビ放送、コミュニティラジオ局BeFM

お問い合わせ NPO法人あおばの会事務局
(TEL 0178-22-3470 FAX 22-3475 info@hachinohe-aoba.com)





会場地図