TOPICS

平成28年2月20日(土)学習講演会を開催します

平成28年2月20日、宮城教育大学名誉教授で星槎大学客員教授の渡辺徹先生を講師に、子どもの理解と支援の方法について学ぶ講演会を開催します。お気軽にご参加ください。(講座はあおもり県民カレッジの単位認定講座となっております)

日 時:平成28年2月20日(土)14時~
場 所:八戸商工会館  八戸市堀端町2-3 地図はこちら→
入場無料 定員100名 (定員になり次第締め切りますので、事前にお申し込みください)
テーマ:「疑似体験でわかる!こどもの理解と支援の方法」
講 師:渡 辺   徹 先生(宮城学院女子大学特任教授/宮城教育大学名誉教授/星槎大学客員教授)

渡 辺   徹 先生 Profile
宮城学院女子大学特任教授/宮城教育大学名誉教授/星槎大学客員教授

昭和22年宮城県出身。昭和45年から昭和52年まで宮城県公立小学校教諭、養護学校教諭、昭和53年から宮城教育大学障害児教育講座助手、講師、助教授、教授を経て平成25年3月同大学定年退職。その間学務担当副学長、附属特別支援教育総合研究センター長、附属幼稚園長、附属図書館長を歴任。その後宮城学院女子大学児童教育学科特任教授となり現在に至る。
専門分野は発達障害教育学。現在の研究課題は主に知的障害、発達障害の教育課程・指導論。社会的活動としては仙台市の学校生活支援巡回相談員、その他東北6県を中心に教育委員会、教育センターの講演や研修会の講師、多くのシンポジウム・コーディネーターを務めた。著書に編集代表:『特別支援教育への招待』(教育出版)、編著:『Q&Aクラスの中の気になる子ども」(教育出版)、「宮城県・仙台市の特別支援教育-むかし-いま・これから-」(LD研究第22巻第1号)、その他分担執筆、論文・報告書など多数。特別支援教育士スーパーバイザー。LD学会功労賞受賞。

主 催:八戸あおば高等学院、青森県総合社会教育センター
(※この講座は指定管理者:日本人財発掘ビルネットグループが運営します)
共 催:あおばの会
後 援(依頼中):東奥日報社、デーリー東北新聞社、八戸テレビ放送、コミュニティラジオ局BeFM

平成27年度春学期 卒業証書授与式を行いました

平成27年9月5日、卒業証書授与式を行いました。御父母や在校生、来賓が見守る中、第3回生となる4名の生徒が本学院から新たな世界に旅立ちました。
式では本学院の卒業証書と提携校の星槎国際高校の卒業証書を受け取りました。式典終了後行われた卒業パーティでは在校生が心を込めたプレゼントを贈呈、音大志望の卒業生による生演奏も行われました。
4人の卒業生は笑顔で今後の活躍を誓いました。

 

平成27年8月22日(土)学習講演会を開催します

平成27年8月22日、星槎大学専任講師の岩澤一美先生を講師に、SST(ソーシャルスキルトレーニング:社会的スキル訓練)についての理解を深めるとともに、多様な生き方や学びについて学ぶ講演会を開催します。お気軽にご参加ください。(講座はあおもり県民カレッジの単位認定講座となっております)
日 時:平成27年8月22日(土)14時~
場 所:八戸市総合福祉会館「はちふくプラザ ねじょう」 八戸市根城八丁目8-155 地
入場無料 定員100名 (定員になり次第締め切りますので、事前にお申し込みください)
テーマ:「家庭や学校現場で生かせるSST」
講 師:岩 澤 一

岩 澤  一 美 先生 Profile
星槎大学専任講師、星槎教育研究所主任研究員
専門は、発達障害、特別支援教育。宮澤学園(現「星槎学園」)高等部教務部長、星槎国際高等学校教務部長、星槎中学校(不登校生徒等教育特区認定校)教頭を経て、現職。日本共生科学学会理事。中等教育に必要な支援教育をカリキュラム化し、特別ではない「特別支援教育」を実践。現在は、全国の小・中学校の教師向けに、発達障害の子どもに対する支援や指導法、また、ソーシャルスキルトレーニングの指導法を教える。ソーシャルスキル研修会の講師としても、全国を駆け回る。教師向けだけでなく、発達障害の子どもをもつ保護者の支援にもあたっている。著書に「クラスが変わる! 子どものソーシャルスキル指導法」他。

主 催:八戸あおば高等学院、あおもり県民カレッジ事務局
共 催:あおばの会
後 援(依頼中):東奥日報社、デーリー東北新聞社、八戸テレビ放送、コミュ
ニティラジオ局BeFM

お問い合わせ 八戸あおば高等学院事務局
(TEL 0178-22-3470 FAX 22-3475 info@hachinohe-aoba.com)

美 先生(星槎大学専任講師・星槎教育研究所主任研究員)

平成27年度 春学期 入学式を行いました。

平成27年4月4日(土)、入学式を行いました。
この日は入学生6名が出席、来賓や保護者の見守る中、日渡校長の式辞と類家 学院長の告辞に続き、星槎国際高等学校仙台学習センターの斉藤先生より祝辞を いただき、式典が終了しました。
終了後は、入学祝賀会を開催。やや緊張気味な様子ではあるものの、保護者や 教職員、はじめて出会う友人らと食事をし、これから始まる高校生活をともにす る友人との交流を深めながら大きく夢を膨らませていました。

 

平成26年度 秋学期 卒業証書授与式を行いました。

平成27年3月7日、卒業証書授与式を行いました。御父母や在校生、来賓が見守る中、第2回生となる2名の生徒が本学院から新たな世界に旅立ちました。
式では2名の生徒が本学院の卒業証書と提携校の星槎国際高校の卒業証書を受け取りました。式典終了後行われた卒業パーティでは在校生が心を込めたプレゼントを贈呈、2人の卒業生は笑顔で今後の活躍を誓いました。

 

平成27年2月21日(土)学習講演会を開催します

平成27年2月21日、東京大学名誉教授で星槎大学共生科学部長の山脇直司先生(八戸出身)を講師に、人と人との「共生」についての理解を深めるとともに、多様な生き方や学びについて学ぶ講演会を開催します。お気軽にご参加ください。(講座はあおもり県民カレッジの単位認定講座となっております)

日 時:平成27年2月21日(土)14時~
場 所:八戸地域地場産業振興センター「ユートリー」
八戸市一番町1-9-22(JR八戸駅 隣接)     地図はこちら→

入場無料 定員100名 (定員になり次第締め切りますので、事前にお申し込みください)
テーマ:「共生社会の実現へ向けて」-これからの教育と学問-
講 師 : 山 脇 直 司 先 生
(東京大学名誉教授・星槎大学共生科学部学部長・八戸市出身)

山脇  直司 先生 Profile
昭和24年八戸市生まれ。イメルダ幼稚園、白菊小学校、第三中学校、八戸高校卒業、一橋大学経済学部、上智大学大学院哲学研究科を経て、ミュンヘン大学(ドイツ)哲学博士。東海大学専任講師、上智大学助教授を経て、昭和63年から東京大学教養学部助教授、平成8年から教授。平成25年4月から星槎大学共生科学部教授、今年4月から学部長。専門は公共哲学。著書に『社会とどうかかわるか』 岩波ジュニア新書など多数。

主 催:八戸あおば高等学院
共 催:あおばの会
後 援(依頼中):東奥日報社、デーリー東北新聞社、八戸テレビ放送、コミュ
ニティラジオ局BeFM

お問い合わせ 八戸あおば高等学院事務局
(TEL 0178-22-3470 FAX 22-3475 info@hachinohe-aoba.com)

学習講演会を開催しました(平成26年8月23日)

8月23日に星槎教育研究所長で星槎大学専任講師の三森睦子先生を講師に学習講演会を開催しました。学習講演会は、不登校や発達がアンバランスな子どもたちの理解のために、年に2回開催しているもので、今回のテーマは「「社会へ」の自立に向けて周囲の大人ができること」。三森先生からは「不登校・高校中退・生きづらさ」といった問題と発達のアンバランスさの関係を、分かりやすくご説明いただきました。

講演会には約50人の参加があり、「(一方向だけではなく)、いろんな角度から見られる人になろうという言葉が印象に残りました。日常、子どものした行動などで一方的に叱ったりすることが多いので、視点を変えて話したいと思います」、「自己肯定・自己決定・自己理解が本当に大切という話をされましたが、そう思います」、「コミュニケーションが難しい子どもとの関わり方について、裏側の気持ちを考えてあげることが大切だと判りました」と云った感想が寄せられました。

次回の学習講演会は平成27年2月21日(土)の開催を予定しています。

8月23日(土)学習講演会を開催します

平成26年8月23日、専門家を講師として招聘し、不登校や引きこもりについての理解を深めるとともに、多様な生き方や学びについて学ぶ講演会を開催します。
お気軽にご参加ください。(講座はあおもり県民カレッジの単位認定講座となっております)

日 時:平成26年8月23日(土)14時~
場 所:八戸商工会館 (八戸市堀端町2-3 Tel:0178-43-5111)地図はこちら→

入場無料 (当日参加も可能ですが、事前にお申し込みください)
テーマ:「『社会へ』の自立に向けて周囲の大人が出来ること」
講 師:三森 睦子 先生

三森 睦子 先生 プロフィール

●星槎教育研究所所長
●星槎大学専任講師
●特別支援教育士
●臨床発達心理士

1974年早稲田大学第一文学部(家族社会学専攻)卒業。民間教育機関、星槎国際高 等学校神奈川学習センター長、星槎グループ運営企画本部を経て、現職。不登校・NEETの背景の発達障害、アディクション、家族システムなどのテーマに関わる。

所属学会
日本LD学会・自閉症スペクトラム学会・共生科学会・臨床発達心理士会

著作
「アディクションへの教育的支援」(現代のエスプリ)
「見えにくい・ 気づきにくい困り感への配慮」(児童心理・特別支援教育増刊号)
「クラスで育てるソーシャルスキル」(共著)「U_SSTワーク」

講演会終了後、不登校や進路に関する個別相談に応じます。
お気軽にご参加ください。(事前にFAX・メールまたはお電話にてお申し込みください)
主 催:八戸あおば高等学院
共 催:NPO法人みやこ自立サポートセンター、あおばの会
後 援(依頼中):東奥日報社、デーリー東北新聞社、八戸テレビ放送、コミュニティラジオ局BeFM
お問い合わせ 八戸あおば高等学院事務局
(TEL 0178-22-3470 FAX 22-3475 info@hachinohe-aoba.com)

八戸あおば高等学院の校章を制定しました。

あおばをイメージする緑色の中に、成長をイメージする黄色を使い、ホワイトの文字は、生徒がこれからあおば学院で自分のカラーを見つけ、色づけすることを表現しています。
hとaの文字は、あおば高等学院の学舎、aobaの文字はそこに集う生徒をイメージし図案化。
hには八戸のほか、human(人間)、history(歴史)の意味も、aにはあおばのほか、assist(力を貸す)、action(生徒が行動する)という意味も込められています。
八戸市内のデザイン会社の制作で、制定過程で八戸工業大学感性デザイン学部の学生のみなさんのご協力をいただきました。ありがとうございました。
6月以降、「校章・校歌制定式」を行います。